車が壊れた場合の対応

バンパーの傷を直してもらう

フロントバンパーが壊れた際は、2日ほどで修理が終わります。
15000円ぐらいで直せるので、ガマンしないで修理に出してください。
車の後ろの部分を、リアバンパーと呼んでいます。
そこが壊れた場合は4日間ぐらいと、フロントバンパーよりも修理期間が長くなります。
費用も20000円前後になることを覚えておきましょう。

外見が傷ついているだけに見えるかもしれませんが、詳しく調べると中も傷ついていたという場合があります。
車の内部が傷つくと、走行に問題が起こるので非常に危険です。
どこかに車をぶつけたら、業者に見せる意識を持ってください。
業者なら詳しく調べてくれるので、内部の傷にも気づいてくれます。
早期発見ができるので、事故に繋がることはないでしょう。

修理の期間が少し長い

車の側面を、クオーターパネルと言います。
そこがへこんだり、傷ついたりした場合の修理は長くなります。
一般的に、5日間ほど必要になると言われています。
70000円ほどの修理と、バンパーの修理に比べて費用も高額ですね。
意外と傷つきやすい部分が、車のドアです。
開けた時に、壁や隣の車とぶつかってしまうケースが見られます。

業者はドアの修理もしてくれるので、傷がついたらすぐ連絡してください。
ドアの修理も5日ほど掛かります。
しかし価格はクオーターパネルのように高額になりません。
30000円程度で済みます。
狭いスペースでドアを開ける際は、ぶつからないよう慎重に開けてください。
特に駐車場では、他の車を巻き込まないように注意しましょう。