エンジントラブルが起こった際

1週間前後の時間が発生する

エンジンを交換する際は、複雑な作業なので少し時間が掛かります。
1週間ほどの時間が必要になると思ってください。
代車を貸してもらえるので、通勤や通学に困ることはありません。
ですがこれまで軽自動車を運転していたのに、代車が普通自動車ということがあります。
これまでよりも大きな車になるので、運転しにくいと感じるかもしれません。

不安な人は、これまでと同じような車を貸してほしいと伝えてください。
慣れない大きな車を運転するのは、非常に難しいです。
曲がる時のポイントも異なるので、ぶつかってしまうかもしれません。
前もって、軽自動車が良いと伝えておけば安心できます。
エンジンを修理している間は、代車に乗って過ごしましょう。

もっと時間が掛かる

業者に使用する部品が揃っていれば、1週間前後の修理で済みます。
しかし、部品が足りないこともあります。
すると他の業者から、部品を取り寄せてから出ないとエンジンを修理できません。
その場合はもっと修理期間が長くなると思ってください。
2週間から3週間ほど掛かるケースも見られます。
昔に販売された、古い車のエンジンを修理する際は、部品が残っていないことが多いです。

もしどこにも部品が残っていないと言われたら、残念ながら修理できません。
しかしエンジンが壊れている状態の車には乗ることができないので、新しい車に乗り換えるしかありません。
古い車は、壊れた際に修理できないかもしれないリスクを持っていることを忘れないでください。